エラの張りはボトックス注射で改善【クリニック選びが大切】

女の人
  1. ホーム
  2. 最適な方法を選びましょう

最適な方法を選びましょう

ナース

当日から可能です

大きく張ったエラの矯正を行うには、骨を削るエラ削りと、筋肉をボツリヌストキシンと言う薬を使って痩せて細くするボトックスの、2つの施術があります。どちらも優れた効果を発揮する施術ですが、それぞれに異なった特徴があります。エラ削りは、一回の施術で目標の形にまで骨を削ってしまうので、効果を一気に出すことが出来ます。エラの張りが綺麗に消えて憧れの小顔になったことを、施術後直ぐにでも、はっきりと確認することが可能ですから、十分に喜びを実感することが出来ます。しかし、全身麻酔で行う大きな手術ですから、数日間の入院も必要ですし、腫れや痛みが完全に引くまでには大分時間が掛かります。一方ボトックスは、薬を注射するだけですから、術後の痛みや腫れは殆どありませんし、もちろん入院も不要です。しかし、その効果は2週間位過ぎてから徐々に現れてきて、最大のレベルに至るまでには6週間位掛かります。一気に大きな感動を味わうというよりは、日々効果が進んでいくのを確認することで、次第に満足感が得られていくというタイプのものです。また、このようにゆっくりと効果が進んでいきますから、周囲の人達に小顔矯正をしたことを悟られることはありません。どちらの施術でも、張り出したエラの矯正は確実に行えますので、自分の都合にあったものを利用するとよいでしょう。張ったエラを矯正する為のボトックスは、筋肉を弛緩させて痩せさせる効果を持っている薬を、両側のエラの咬筋に広く数か所注射をするだけの施術です。時間も僅か10分程で済む、非常に簡単なものです。ボトックスは、皮膚の表面に麻酔クリームを塗って極細の注射針を使用して行われますので、施術中の注射の痛みは極僅かです。また、施術後の痛みや腫れは殆どありませんし、術後すぐに洗顔やメイクを行うことも出来ます。しかも、施術を行うに当たって、事前に特別な準備をする必要もないので、カウンセリングの際に十分納得出来たら、直ぐにそのまま施術をしてしまうことも可能です。当日、何か都合が悪いということがなければ、敢えて予約を入れて、数日後に出直して行わなくてはならないような施術では全くありません。ボトックス施術は、カウンセリング終了後、麻酔の処置をして咬筋に薬を注射することで終了です。その後、直ぐに洗顔とメイクが行えますので、クリニックに着いてから全ての作業が終了するまでには、1時間もあれば十分なのです。また、ボトックスは施術後直ぐには効果も出てきませんから、周りの人に気付かれることもなく、会社の休み時間を利用して、簡単に施術をしてしまうことも可能です。費用も一般的には5万円位からととてもお手軽ですから、ボトックスによるエラの矯正施術は是非検討したいですね。